華族一覧(さ)貴人の黄昏― 旧皇族家の人々 ―

  • 並び:初代の当初叙爵日 > 初代の当初爵位 > 名前
  • 背景:黄は皇族、赤は公家、青は武家を示します。

頁内索引

さい

  • さいおんじ きんもち
  • 西園寺 公望1884-1940(1849/12/6-1940/11/24)
  • 出身:西園寺家(清華家、藤原北家/閑院流、597石)
    続柄:右近衛権中将/西園寺師季・養子、右大臣/徳大寺公純・男
    家族:兄:公爵/徳大寺実則、弟:男爵/住友吉左衛門(友純)、弟:伯爵/中院通規
  • 身分:内閣総理大臣(12,14)、外務大臣(8,9,19)、大蔵大臣、枢密院議長(7)、貴族院議員(1890/2-1920/9-1940/12/24)、貴族院副議長(3)、大勲位菊花大綬章
  • 侯爵
  • 1884/ 7/ 7
  •  
  • 公爵
  • 1920/ 9/ 7
  • 多年の功
  • 2. 八郎(はちろう)1940-1946(1881/4/22-1946/7/1)
  • 続柄:公爵/毛利元徳・8男
    家族:妻:新(公望・女)、2女:春子(男爵/住友吉左衛門(友成)・)
    身分:宮内官僚、貴族院議員(1940/12/28-1946/4/18・辞)
  • 異動
  • 1946/ 7/ 1
  • 八郎の没後、襲爵せず
  • さいごう じゅうどう/つぐみち
  • 西郷 従道1884-1902(1843/6/1-1902/7/18)
  • 出身:薩摩藩
    続柄:藩士、長兄:陸軍大将/西郷隆永(隆盛)、従兄弟:公爵/大山巌
    家族:妻:清子(得能良介・女)、4男:男爵/上村従義、7男:伯爵/小松従志、1女:桜子(公爵/岩倉具張・妻)、女:不二子(男爵/古河虎之助・妻)、養女:キミ(男爵/伊地知幸介・妻2)
  • 身分:陸海軍軍人、海軍大臣、内務大臣、枢密院顧問官、貴族院議員(1895/8-1902/7/18)、大勲位菊花大綬章
  • 伯爵
  • 1884/ 7/ 7
  • 戊辰戦争の功
  • 侯爵
  • 1895/ 8/ 5
  • 日清戦争の功
  • 2. 従徳(じゅうとく)1902-1946(1878/10/21-1946/2/6)
  • 続柄:2男
    家族:妻:豊子(公爵/岩倉具定・2女)、男:男爵/古河従純、男:伯爵/黒木従達、女:董子(子爵/内藤頼博・妻)、養女:初子(子爵/松平直頴・妻、公爵/岩倉具張・女)
    身分:陸軍大佐、貴族院議員(1903/10-1946/2/6)
  • 異動
  • 1946/ 2/ 6
  • 従徳の没後、襲爵せず
  • さいごう とらたろう
  • 西郷 寅太郎1902-1919(1866/8/21-1919/1/1)
  • 続柄:陸軍大将/西郷隆永(隆盛)・男
    家族:妻:信子(園田実徳・1女)
  • 身分:陸軍少尉、貴族院議員(1902/6/3-1919/1/4)
  • スペイン風邪で急逝
  • 侯爵
  • 1902/ 6/ 3
  • 父(隆永)の維新の功
  • 2. 隆輝(たかてる)1919-1920(1900-1920/11)
  • 続柄:2男、19歳で襲爵、20歳で急逝
    母・信子の浪費で家計が逼迫し邸宅が売却される。心労で精神病となり襲爵の翌年死去。弟・吉之助が襲爵し信子は廃籍。
  • 3. 吉之助(きちのすけ)1920-1947(1906/7/20-1997/10/12)
  • 続柄:寅太郎・3男
    家族:妻:春子(侯爵/徳川義親・女)
    身分:法務大臣、貴族院議員(1936/7/19-1947/5/3)
  • さいしょ あつし
  • 税所 篤1887-1910(1827/12/22-1910/6/21)
  • 出身:薩摩藩
    続柄:藩士/税所篤倫・2男
  • 身分:官僚、枢密院顧問官、元老院議官、宮中顧問官
  • 子爵
  • 1887/ 5/24
  • 維新の功
  • 2. 篤一1910-1914(1856-1914)
  • 3. 篤秀1914-1930(1882-1930)
  • 身分:貴族院議員(1925/7/10-1930/7/10)
  • 4. 篤満1930-1947(1911-1966)
  • さいとう まこと
  • 斎藤 実1907-1936(1858/12/2-1936/2/26)
  • 出身:陸奥仙台藩
    続柄:藩士/斎藤耕平・男
    家族:妻:春子(子爵/仁礼景範・1女)
  • 身分:海軍大将、海軍大臣、内閣総理大臣(30)、外務大臣(46)、朝鮮総督(3,5)、内大臣(10)、枢密院顧問官、大勲位菊花大綬章(没後)
  • 二・二六事件で暗殺される。
  • 男爵
  • 1907/ 9/21
  • 日露戦争の功
  • 子爵
  • 1925/ 4/ 9
  • 多年の功
  • 2. 斉1936-1947(1898-1961)
  • 続柄:岩崎弥太郎の従兄弟/豊川良平・3男
    家族:妻:静子(伯爵/有馬頼寧・女)
    身分:貴族院議員(補・1944/4/8-1947/5/3)

さが

  • さが きんとう
  • 嵯峨 公勝1884-1941(1863/7/24-1941/8/1)
  • 出身:正親町三条家/嵯峨家(大臣家、藤原北家/閑院流/三条庶流、200石)
    続柄:大納言/嵯峨実愛・男
    家族:妻:南加/仲子(公爵/毛利元徳・養女、中山忠光・女)、2男:子爵/牧野康煕、男:男爵/相楽公愛、女:賢子(男爵/川崎武之助・妻)、女:厚(子爵/小倉義季・妻1、子爵/七条光明・妻)
  • 身分:貴族院議員(1890/2-1941/8/1)
  • 伯爵
  • 1884/ 7/ 7
  •  
  • 侯爵
  • 1888/ 1/17
  • 父(実愛)の維新の功
  • 2. 実勝(さねとう)1941-1947(1887/6/23-1966/3/27)
  • 続柄:男
    家族:妻:尚子(浜口容所・女)、1女:(愛新覚羅溥傑・妃)
    身分:貴族院議員(1941/9/15-1947/5/3)
    1957/12/10、孫・愛新覚羅慧生が心中事件を起こす。(天城山心中
  • さかい しげすえ
  • 阪井 重季1907-1922(1847/1/10-1922/3/1)
  • 出身:土佐藩
    続柄:藩士/二川周五郎・1男
  • 身分:陸軍中将、貴族院議員(1911/7/10-1918/7/10-1922/3/2)
  • 男爵
  • 1907/ 9/21
  • 日露戦争の功
  • 2. 戒爾1922-1947(1881-1958)
  • さかい ただあき
  • 酒井 忠亮1884-1928(1870-1928)
  • 出身:越前敦賀藩(1万石)
    続柄:8代=最後/酒井忠経・1男
    家族:妻:鉚(武蔵川越藩1代/松平康英・女)
  • 身分:実業家、貴族院議員(補・1901/8-1904/7/10-1911/7/10-1918/7/10-1925/7/10-1928/8/1)
  • 子爵
  • 1884/ 7/ 8
  •  
  • 2. 忠英(ただひで)1928-1942(1898-1942)
  • 続柄:男
    家族:妻:惇子(男爵/藤堂高成・女)
    身分:貴族院議員(補・1940/4/27-1942/1/21)
  • 3. 忠武(ただたけ)1944-1947(1924-)
  • 続柄:伯爵/酒井忠克・男
    家族:妻1:明子(忠英・女)
  • さかい ただあきら
  • 酒井 忠彰1884-1896(1848/9/29-1896/7/31)
  • 出身:上野伊勢崎藩(2万石)
    続柄:9代=最後、8代/酒井忠強(兄)・養子、7代/酒井忠恒・8男
    家族:妻:歌(三河田原藩11代/三宅康直・女)、女:鈴(子爵/山内豊尹・妻)、女:錦子(子爵/戸沢正已・妻)
  • 身分:伊勢崎藩知事、貴族院議員(1890/7/10-1896/7/31)
  • 子爵
  • 1884/ 7/ 8
  •  
  • 2. 忠一(ただつね)1896-1942(1887-1942)
  • 続柄:男
    家族:妻:文子(伊勢桑名藩主・松平定敬・女)
  • 3. 忠寿(ただひさ)1942-1947(1914-)
  • 続柄:男
    身分:貴族院議員
  • さかい ただおき
  • 酒井 忠興1887-1919(1879/6/6-1919/9/22)
  • 出身:播磨姫路藩、雅楽頭家(15万石)
    続柄:10代/酒井忠邦・1男
    家族:妻:夏子(公爵/三条実美・女)、女:菊子(侯爵/前田利為・妻2)
  • 身分:植物研究家
  • 伯爵
  • 1887/ 6/23
  • 女戸主のため叙癪が遅れる
  • 2. 忠正(ただまさ)1919-1947(1893/6/10-1971/2/16)
  • 続柄:伯爵/阿部正桓・2男
    家族:妻:秋子(忠興・女)
    身分:農林大臣、日本中央競馬会第3代理事長、貴族院副議長(14)、貴族院議員(補・1923/9-1925/7/10-1932/7/10-1939/7/10-1945/12/17・辞)
    極東国際軍事裁判でA級戦犯指名(不起訴保釈)。
  • さかい ただしげ
  • 酒井 忠績1889-1895(1827-1895/11/30)
  • 出身:播磨姫路藩、雅楽頭家(15万石)
    続柄:8代、7代/酒井忠顕・養子、旗本/酒井忠誨・1男
  • 身分:江戸幕府最後の大老
  • 男爵
  • 1889/ 5/11
  •  
  • 2. 忠弘(ただひろ)1895-1920(1868-)
  • 続柄:男
    家族:妻:益子(子爵/板倉勝弘・女)
    身分:貴族院議員(1897/7/10-1901/7・辞)
  • 異動
  • 1920/ 6/15
  • 忠弘が爵位返上
  • さかい ただとし
  • 酒井 忠惇1889-1907(1839/9/5-1907/11/10)
  • 出身:播磨姫路藩、雅楽頭家(15万石)
    続柄:9代、8代/酒井忠績・男
    家族:男:男爵/酒井忠精、女:鍈子(伯爵/立花寛治・妻)、女:登喜子(男爵/浅野養長・妻)
  • 男爵
  • 1889/ 5/11
  •  
  • 2. 忠精(ただよし)1907-1943(1870-1943)
  • 続柄:1男
    家族:妻1:長(伯爵/酒井忠篤・女)、妻2:田鶴子(浅野長勲・弟/鴻雪年)
  • 3. 宗武(むねたけ)1944-1947(1915-)
  • 続柄:伯爵/伊達邦宗・男
    家族:妻:浩子(吉田岩次郎・女)
  • さかい ただとし
  • 酒井 忠勇1884-1899(1879-)
  • 出身:安房勝山藩(1.2万石)
    続柄:9代=最後/酒井忠美・男
  • 子爵
  • 1884/ 7/ 8
  •  
  • 異動
  • 1899/ 7/ 1
  • 爵位返上
  • さかい ただまさ
  • 酒井 忠匡1884-1911(1857/1/14-1911/4/30)
  • 出身:出羽松山藩(2.5万石)
    続柄:8代=最後、7代/酒井忠良・3男
    家族:妻1:陽(稲田稙乗・女)、妻2:栄(大木喬任・女)
  • 身分:松嶺藩知事
  • 子爵
  • 1884/ 7/ 8
  •  
  • 2. 忠晄(ただみつ)1911-1923(1887/8/28-1923/1/18)
  • 続柄:1男
  • 3. 忠康(ただやす)1923-1947(1915/4/24-1967/10/23)
  • 続柄:1男
    家族:妻:千鶴子(忠晄/養女、伯爵/酒井忠良・女)
  • さかい ただみち
  • 酒井 忠道1884-1920(1851-1920)
  • 出身:若狭小浜藩(10.3万石)
    続柄:12,14代=最後/酒井忠義・1男 侯爵夫人・寿賀子
    家族:妻1:佳子(越前敦賀藩7代/酒井忠毗・女)、妻2:績子(伯爵/宗重正・女)、2女:寿賀子(侯爵/山階芳麿・妻)、女:鶴子(男爵/二条正麿・妻)
  • 身分:貴族院議員(補・1891/9-1892/5、補・1892/6-1897/7/10)
  • 伯爵
  • 1884/ 7/ 7
  •  
  • 2. 忠克(ただかつ)1920-1939(1883-1939)
  • 続柄:男
    家族:妻:喜美子(伯爵/万里小路通房・女)、男:子爵/酒井忠武、女:三枝子(子爵/西四辻公利・妻)、女:香枝子(伯爵/松平頼明・妻)
    身分:貴族院議員(1925/7/10-1932/7/10-1939/6/17)
  • 3. 忠博(ただひろ)1939-1947(1911-1978)
  • 続柄:男
    家族:妻:清子(侯爵/尚昌・女)
  • さかきばら まさたか
  • 榊原 政敬1884-1925(1843/2-1927/3/7)
  • 出身:豊前高田藩(15万石)
    続柄:6代=最後、5代/榊原政愛・養子、3代/榊原政礼・1男
    家族:妻1:久仁子(越前丸岡藩7代/有馬温純・女)、妻2:礼子(金沢藩13代/前田慶寧・女)
  • 身分:高田藩知事
  • 子爵
  • 1884/ 7/ 8
  •  
  • 2. 政和(まさかず)1925-1927(1868-1927)
  • 続柄:榊原職政・男
    家族:妻1:彜子(政敬・女)、妻2:鑒子(政敬・女)
  • 3. 政春(まさはる)1927-1947(1911-1927)
  • 続柄:男
    家族:妻:喜佐子(公爵/徳川慶久・女)
    身分:貴族院議員(補・1946/5/10-1947/5/3)
  • さかたに よしろう
  • 阪谷 芳郎1907-1941(1863/3/5-1941/11/14)
  • 出身:岡山県
    続柄:漢学者/阪谷朗廬・4男
    家族:妻:琴子(子爵/渋沢栄一・2女)、3女:八重子(男爵/中村貫之・妻)
  • 身分:大蔵官僚、大蔵大臣、貴族院議員(補・1917/1-1918/7/10-1925/7/10-1932/7/10-1939/7/10-1941/11/11)
  • 男爵
  • 1907/ 9/21
  • 日露戦争戦費調達の功
  • 子爵
  • 1941/11/11
  • 起源2600年奉祝事業の功
  • 2. 希一1941-1947(1889-1957)
  • 続柄:1男
    家族:妻:寿子(子爵/三島通陽・妹)
    身分:貴族院議員(補・1943/1/9-1946/4/24・辞)
  • さかもと としあつ
  • 坂本 俊篤1907-1941(1858/11/30-1941/3/17)
  • 出身:信濃諏訪藩
    続柄:藩士/坂本俊信・2男
  • 身分:海軍中将、貴族院議員(補・1917/7-1918/7/10-1925/7/10-1932/7/10-1939/7/10)
  • 男爵
  • 1907/ 9/21
  • 日露戦争の功
  • 2. 大造1941-1947
  • 身分:貴族院議員(補・1946/6/29-1947/5/3)
  • さがら つななお
  • 相楽 綱直1884-1928(1868-1929)
  • 出身:相楽家(奈良華族富小路家分家、35石)
    続柄:興福寺慈門院住職/相楽富道・養子、子爵/富小路敬直・2男
    家族:妻:澄子(子爵/中園実受・女)
  • 男爵
  • 1884/ 7/ 8
  •  
  • 2. 公愛1928-1943(1900-1943)
  • 続柄:侯爵/嵯峨公勝・男
    家族:妻:淳子(子爵/梅渓通魯・養女、松平家晃・女)
  • 異動
  • 1943/10/ 8
  • 公愛の戦死後、継承者を欠く
  • さがら よりつぐ
  • 相良 頼紹1884-1924(1854/1/23-1924/3/12)
  • 出身:肥後人吉藩(2.2万石)
    続柄:15代=最後/相良頼基・養子、14代/相良長福・1男
    家族:妻:中子(右大臣/徳大寺公純・女)、女:貞子(子爵/福岡秀猪・妻)
  • 身分:貴族院議員(1890/7/10-1897/7/10-1904/7/10)
  • 子爵
  • 1884/ 7/ 8
  •  
  • 2. 頼綱(よりつな)1924-1946(1876-1966)
  • 続柄:15代=最後/相良頼基・男
    家族:妻:壽子(子爵/稲葉久通・女)、女:嶋子(伯爵/真田幸治・妻)
  • 異動
  • 1946/ 5/31
  • 頼綱が爵位返上

さぎ

  • さぎはら かずなが
  • 鷺原 量長1884-1888(1858-)
  • 出身:鷺原家(奈良華族甘露寺家別家、40石)
    続柄:参議/甘露寺勝長・4男
  • 身分:興福寺恵海院住職
  • 男爵
  • 1884/ 7/ 8
  •  
  • 異動
  • 1888/ 5/10
  • 爵位返上

さく

  • さくま さまた
  • 佐久間 左馬太1887-1915(1844/11/19-1915/8/5)
  • 出身:長州藩
    続柄:佐久間竹之丞・養子、藩士/岡村孫七・2男
  • 身分:陸軍大将、台湾総督(5)
  • 男爵
  • 1887/ 5/24
  • 西南戦争の功
  • 子爵
  • 1895/ 8/20
  • 日清戦争の功
  • 伯爵
  • 1907/ 9/21
  • 日露戦争の功
  • 2. 俊一(しゅんいち)1915-1945(1876-1945)
  • 続柄:3男
    家族:妻:正子(陸軍少将/勝尾信彦・妹)
    身分:七十七銀行取締役
  • 3. 辰雄(たつお)1945-1947(1903-)
  • 続柄:男
  • さくらい じょうじ
  • 桜井 錠二1939-1939(1858/9/24-1939/1/28)
  • 出身:加賀藩
    続柄:藩士/桜井甚太郎・6男
  • 身分:化学者(物理化学)、日本学術振興会の理事長、枢密院顧問官、勅選貴族院議員(1920/6/2-1926/1/26・辞)
  • 男爵
  • 1939/ 1/28
  • 科学技術発展の功(没時)
  • 2. 武雄(たけお)1939-1947(1887-1972)
  • 身分:貴族院議員(補・1944/3/30-1946/3/4・辞)
  • さくらい ただおき
  • 桜井 忠興/松平忠興1884-1895(1848/2/22-1895/4/29)
  • 出身:摂津尼崎藩桜井松平家(4万石)
    続柄:7代=最後、6代/松平忠栄・7男
    家族:妻1:茅子(信濃松本藩9代/戸田光則・女)、妻2:きん(父:豊前小倉藩9代/小笠原忠幹・女)
  • 身分:尼崎藩知事、博愛社(後の日本赤十字社)の設立者の1人となる。
  • 子爵
  • 1884/ 7/ 8
  •  
  • 2. 忠胤(ただたね)1895-1931(1881-1931)
  • 続柄:1男
    家族:妻:鷹子(子爵/本多忠敬・女)
    皇太子時代の大正天皇が、兵庫県武庫川での軍事演習に立ち会った際、学習院時代の仲間だった桜井忠胤の家を予告なく訪れたことがある。
  • 3. 忠養(ただやす)1931-1947(1916-1985)
  • 続柄:男
  • さくらい ともよし
  • 桜井 供義1884-1891(1855-1891)
  • 出身:桜井家(羽林家、藤原北家/水無瀬庶流、蔵米30石)
    続柄:上野権介/桜井供愛・養子、参議/東園基敬・男
    家族:妻:八智子(下総関宿藩6代/久世広周・女)
  • 子爵
  • 1884/ 7/ 8
  •  
  • 2. 義功1891-1944(1879-1944)
  • 続柄:男
    家族:妻:貞子(子爵/久世広業・女)
  • 3. 義治1945-1947(1915-1988)
  • 続柄:男

ささ

  • ささき たかゆき
  • 佐々木 高行1884-1910(1830/11/26-1910/3/2)
  • 出身:土佐藩
    続柄:藩士/佐々木高順・2男
    家族:妻:貞子(佐々木家下女)
  • 身分:枢密院顧問官、元老院議官、貴族院議員(1909/4-1910/3/2)
  • 海援隊隊士
  • 岩倉使節団 理事官
  • 伯爵
  • 1884/ 7/ 7
  • 維新の功
  • 侯爵
  • 1909/ 4/29
  • 皇女養育の功
  • 2. 行忠(ゆきただ)1910-1947(1893/7/26-1975/8/10)
  • 続柄:孫
    家族:妻:米子(大膳頭/上野季三郎・4女)
    身分:國學院大學学長、貴族院議員(1918/7-1946/4/25・辞)、貴族院副議長(12,13)

さそ

  • さそう さだお
  • 佐双 定雄1907-1928(1891-1928)
  • 男爵
  • 1907/10/ 2
  • 父(佐仲)の日露戦争の功
  • 2. 立業1931-1947(1898-1976)

さた

  • さたけ よしお
  • 佐竹 義雄1900-1917(1868-1917)
  • 出身:出羽久保田藩/湯沢領、佐竹南家
    続柄:早川珍保・男
  • 男爵
  • 1900/ 5/ 9
  •  
  • 2. 義質1917-1919(1900-1919)
  • 続柄:男
  • 3. 義輔(よしすけ)1919-1947(1902/8/8-2000/3/31)
  • 続柄:義雄・男
    身分:植物学者
  • さたけ よしさと
  • 佐竹 義理1884-1914(1858/10/10-1914/4/26)
  • 出身:出羽岩崎藩(2万石)
    続柄:9代=最後、8代/佐竹義諶・養子、相馬中村藩12代/相馬充胤・3男
    家族:妻:鐶子(侯爵/佐竹義堯・女)、男:男爵/佐竹義立、女:秀子(子爵/奥田直恭・妻)
  • 身分:岩崎藩知事、実業家(国光生命保険会社社長)、貴族院議員(1890/7/10-1897/7/10)
  • 子爵
  • 1884/ 7/ 8
  •  
  • 2. 義種1914-1923(1889-1923)
  • 続柄:男
    家族:妻:小枝子(侯爵/蜂須賀正韶・5女)
  • 3. 義通1923-1927(1901-1927)
  • 続柄:侯爵/佐竹義生・男
  • 4. 義勝1927-1947(1903-1977)
  • 続柄:侯爵/佐竹義生・男
    家族:妻:英子(子爵/秋元春朝・女)
    身分:陸軍大佐
  • さたけ よしたか
  • 佐竹 義堯1884-1884(1825/9/9-1884/10/23)
  • 出身:出羽久保田藩(20.5万石)
    続柄:12代=最後、11代/佐竹義睦・養子、久保田新田藩6代/佐竹義純・養子、相馬中村藩11代/相馬益胤・3男
    家族:妻1:多喜(出羽秋田新田藩,出羽岩崎藩6代/佐竹義純・1女)、妻2:増銘子(伊勢久居藩15代/藤堂高聴・女)、妻:?(丹波篠山藩5代/青山忠良・女)、養子:佐竹義諶(久保田新田藩・養子)、養子:男爵/佐竹義脩、女:雅子(男爵/佐竹義脩・妻)、女:鐶子(子爵/佐竹義理・妻)
  • 身分:秋田藩知事
  • 侯爵
  • 1884/ 7/ 7
  •  
  • 2. 義生(よしなり)1884-1915(1867/8/6-1915/2/22)
  • 続柄:2男
    家族:妻:祚子(公爵/徳大寺実則・女)、男:子爵/佐竹義通、男:子爵/佐竹義勝
    身分:貴族院議員(1892/6-1915/2)
  • 3. 義春(よしはる)1915-1944(1890-1944)
  • 続柄:1男
    家族:妻:兼子(公爵/九条道実・女)、女:則子(子爵/鍋島直紹・妻)、女:照子(侯爵/花山院親忠・妻)
    身分:貴族院議員(1915/7-1944/4/13)
  • 4. 義栄(よしなが)1944-1947(1914-1983)
  • 続柄:男
    家族:妻:百合子(侯爵/徳川義親・女)
    身分:貴族院議員(1944/9/17-1947/5/3)
  • さたけ よしなお
  • 佐竹 義尚1900-1909(1848-1909)
  • 出身:出羽久保田藩/角館領、家老家、佐竹北家(1万石)
    続柄:旗本/根来盛実(中村藩10代/相馬樹胤・3男)・2男
  • 身分:秋田県権典事
  • 男爵
  • 1900/ 5/ 9
  • 戊辰戦争の功績により
  • 2. 義敬1909-1910(1899-1910)
  • 続柄:男
  • 3. 敬治郎1910-1946(1901-1978)
  • 続柄:義尚・男
  • 異動
  • 1946/ 5/10
  • 敬治郎が爵位返上
  • さたけ よしなお
  • 佐竹 義脩1889-1893(1854/7/25-1893/12/22)
  • 出身:佐竹家分家
    続柄:出羽久保田藩12代/佐竹義堯・養子、久保田新田藩8代/佐竹義諶・1男
    家族:妻1:雅子(侯爵/佐竹義堯・女)、妻2:ウメ、女:雄子(男爵/佐竹義立・妻)、女:英子(男爵/島津壮之助・妻)
  • 身分:陸軍少尉
  • 男爵
  • 1889/10/16
  • 父(義諶)の維新の功
  • 2. 義立(よしたつ)1893-1929(1885-1935)
  • 続柄:子爵/佐竹義理・男
    家族:妻:雄子(男爵/佐竹義脩・女)
  • 異動
  • 1929/12/26
  • 義立が爵位返上
  • さたけ よしのり
  • 佐竹 義準1906-1924(1869/7/1-1924/4/8)
  • 出身:出羽久保田藩、佐竹四家筆頭家、佐竹東家
    続柄:伯爵/松浦詮・4男
    家族:妻:成子(男爵/伊達邦成・女)
  • 身分:陸軍歩兵中尉、朝鮮総督府取調局事務官、貴族院議員(補・1915/8-1918/7/10-1924/4/8)
  • 男爵
  • 1906/ 9/17
  • 父(義寿)の維新の功
  • 2. 義利1924-1947(1904-1989)
  • 続柄:1男
    家族:妻:厚(平山信・3女)
  • さたけ よしゆき
  • 佐竹 義遵1900-1901(1838-1901)
  • 出身:出羽久保田藩/大館領、大館城主、家老家、佐竹西家(7200石)
    続柄:西家16代当主/佐竹義茂・男
    家族:女:麟(伯爵/沢宣量・妻)
  • 男爵
  • 1900/ 5/ 9
  • 戊辰戦争での功績により
  • 2. 正一1901-1909(1873-1909)
  • 続柄:男
  • 3. 義度1909-1913(1893-1913)
  • 続柄:竹田富之助・男
  • 4. 義履1914-1947(1896-1958)
  • 続柄:竹田富之助・男
    家族:妻:保枝(子爵/川上素一・女)
    身分:貴族院議員(補・1944/3/30-1947/5/3)

さと

  • さとう しょうすけ
  • 佐藤 昌介1928-1939(1856/12/21-1939/6/5)
  • 出身:岩手県
  • 身分:北海道帝国大学初代総長、農学博士
  • 男爵
  • 1928/11/10
  • 教育に尽力した功
  • 2. 昌彦(まさひこ)1939-1946(1900-)
  • 異動
  • 1946/ 5/10
  • 昌彦が爵位返上
  • さとう すすむ
  • 佐藤 進1907-1921(1845/12/23-1921/7/25)
  • 出身:常陸国
    続柄:醸造業者/高和清兵衛・1男
  • 身分:医師、医学者、陸軍軍医総監(中将相当官)
  • 男爵
  • 1907/ 9/21
  • 日露戦争の功
  • 2. 達次郎1921-1947
  • 家族:女:貞(男爵/加藤成之・妻)
    身分:貴族院議員(補・1925/12/5-1932/7/10-1939/7/10)

さな

  • さなだ ゆきもと
  • 真田 幸民1884-1903(1850/5/28-1903/9/8)
  • 出身:信濃松代藩(10万石)
    続柄:10代=最後、9代/真田幸教・養子、伊予宇和島藩8代/伊達宗城・1男
    家族:妻1:隆(大村純熈・女)、妻2:宏子(日向飫肥藩13代/伊東祐相・女)、妻3:輯子(公爵/島津久光・養女、子爵/竹内治則・女)、3男:伯爵/清棲幸保、女:松子(伯爵/島津忠麿・妻)、女:田鶴子(伯爵/大村純英・妻)、女:信子(伯爵/藤堂高紹・妻)
  • 身分:松代藩知事
  • 子爵
  • 1884/ 7/ 8
  •  
  • 伯爵
  • 1891/ 4/23
  • 維新の功
  • 2. 幸正(ゆきまさ)1903-1917(1876-1917)
  • 続柄:男
    家族:妻:澄子(子爵/松平頼英・女)
  • 3. 幸治(よしはる)1917-1947(1901-1977)
  • 続柄:男
    家族:妻:嶋子(子爵/相良頼綱・女)
  • さなだ ゆきよ
  • 真田 幸世1896-1947(1870/3/27-1948/1/12)
  • 出身:真田伯爵家分家
    続柄:真田幸教・男
  • 身分:政治家、貴族院議員(1897/7/10-1904/7/10-1911/7/10-1918/7/10-1925/7/10)
  • 男爵
  • 1896/ 6/30
  •  

さね

  • さねよし やすずみ
  • 実吉 安純1900-1932(1848/4/23-1932/3/1)
  • 出身:薩摩藩
    続柄:藩士/実吉安福・2男
    家族:男:伯爵/日野捷郎
  • 身分:医学者、海軍軍医総監(中将相当官)、勅選貴族院議員(1905/12/13-1932/3/1)
  • 男爵
  • 1900/ 5/ 9
  • 軍医学の功
  • 子爵
  • 1907/ 9/21
  • 日露戦争の功
  • 2. 純郎1932-1947(1879-1948)
  • 続柄:1男
    身分:東京慈恵会医科大学教授、貴族院議員(補・1933/6/24-1939/7/10-1947/5/3)

さの

  • さの つねたみ
  • 佐野 常民1887-1902(1823/2/8-1902/12/7)
  • 出身:肥前佐賀藩
    続柄:藩医/佐野常徴養子、藩士/下村充贇・5男
    家族:女:貞子(子爵/田村丕顕・妻)、女:米子(男爵/有馬頼多・妻)
  • 身分:大蔵卿、宮中顧問官、枢密院顧問官、日本赤十字社社長(1)、元老院議官
  • 子爵
  • 1887/ 5/24
  • 日本赤十字社創設の功
  • 伯爵
  • 1895/10/31
  • 日清戦争の功
  • 2. 常羽(つねは)1902-1947(1871/7/3-1956/1/25)
  • 続柄:3男
    家族:妻:尚子(上総飯野藩10代/保科正益・2女)、養子:常光(公爵/一条実輝・男)、常光・妻:禮子(竹田宮恒久王・1王女)
    身分:海軍少将
  • さの のぶかつ
  • 佐野 延勝1896-1915(1849/9/3-1915/6/3)
  • 続柄:幕臣家出身
  • 身分:陸軍中将、貴族院議員(1904/7/10-1911/7/10)
  • 男爵
  • 1896/12/ 3
  • 日清戦争の功
  • 2. 智勝
  • 異動
  • 1944/ 4/30
  • 智勝の没後、襲爵手続せず

さめ

  • さめしま かずのり
  • 鮫島 員規1907-1910(1845/6/14-1910/10/14)
  • 出身:薩摩藩
    続柄:藩士/鮫島新左衛門・1男
  • 身分:海軍大将
  • 男爵
  • 1907/ 9/21
  • 日露戦争の功
  • 2. 具重(ともしげ)1910-1947(1889/4/8-1966/9/13)
  • 続柄:男爵/岩倉具経・4男
    身分:海軍中将
  • さめしま しげお
  • 鮫島 重雄1907-1928(1849/10/21-1928/4/17)
  • 出身:薩摩藩
    続柄:藩士/鮫島藤兵衛・2男
  • 身分:陸軍大将
  • 男爵
  • 1907/ 9/21
  • 日露戦争の功
  • 異動
  • 1928/ 4/17
  • 没後、継承者を欠く

さわ

  • さわ ためかず
  • 沢 為量1884-1889(1812/4/25-1889/8/9)
  • 出身:沢家(半家、清原氏/舟橋庶流/伏原庶流、蔵米30石)
    続柄:治部大輔/沢量行・男
    家族:養子:外務卿/沢宣嘉、1男:沢宣種(沢宣嘉・養子)、2女:延子(子爵/石山基正・妻)、4女:久子(公爵/岩倉具定・妻)
  • 子爵
  • 1884/ 7/ 8
  •  
  • 2. 宣量(のぶかず)1889-1910(1860-1910)
  • 続柄:宣種(宣嘉[子爵/為量・養子]・養子)・養子
    家族:妻:麟(男爵/佐竹義遵・女)
    宣嘉は養父の養父
  • 伯爵
  • 1891/ 4/23
  • 祖父(宣嘉)の維新の功
  • 3. 宣武(のぶたけ)1911-1947(1894-1966)
  • 続柄:男
  • さわ のぶもと
  • 沢 宣元1895-1934(1862/1-1934/2/16)
  • 出身:沢伯爵家別家
    続柄:外務卿/沢宣嘉・2男
    家族:妻:霏(子爵/三浦顕次・女)
  • 身分:侍従
  • 男爵
  • 1895/ 5/27
  •  
  • 2. 宣一(のぶかず)1934-1947(1893-1957)
  • さわむら しげし
  • 沢村 重1906-
  • 出身:肥後熊本藩、沢村氏、重臣家(1.1万石)
    続柄:沢村友義・養子
    家族:女:フミ(子爵/新庄直知・妻)
  • 男爵
  • 1906/ 9/17
  •  
  • 2. 武雄

さん

  • さんじょう きんてる
  • 三条 公輝1892-1924(1882/12/2-1945/11/10)
  • 出身:三条公爵家分家
    続柄:公爵/三条実美・3男
    家族:三条家参照
  • 身分:貴族院議員(1924/6/16-1945/11/10)
  • 男爵
  • 1892/ 2/19
  • 父(実美)の維新の功
  • 異動
  • 1924/ 5/28
  • 公輝、本家相続により廃家
  • さんじょう さねとみ
  • 三条 実美1884-1891(1837/3/13-1891/2/18)
  • 出身:転法輪三条家(清華家、藤原北家/閑院流、472石)
    続柄:内大臣/三条実万・3男
    家族:妻:治子(関白/鷹司輔煕・女)、3男:男爵/三条公輝(後に復籍)、4男:子爵/河鰭実英、2女:智恵子(閑院宮載仁親王・妃)、女:美佐子(公爵/毛利元昭・妻)、女:高子(子爵/平松時陽・妻)、女:篤子(子爵/藪篤麿・妻)、女:夏子(伯爵/酒井忠興・妻)、女:末子(山尾三郎・妻)
  • 身分:右大臣、太政大臣、内閣総理大臣兼任、外国事務総督、内大臣(1)、貴族院議員(1890/2-1891/2/18)、大勲位菊花大綬章
  • 七卿落ちの一人
  • 公爵
  • 1884/ 7/ 7
  • 維新の功
  • 2. 公美(きんとみ)1891-1914(1875/5-1914/1)
  • 続柄:男、東三条男爵家から復籍
    家族:妻:千代子(越前福井藩16代/松平慶永・女)、1女:喜美子(仙石久英・妻)、2女:艶子(永井直邦・妻)、3女:泰子(島津忠承・妻)
    身分:貴族院議員(1900/4-1914/1/30)
  • 3. 実憲(さねのり)1914-1924(1902/10-1924/5)
  • 続柄:男、早世
  • 4. 公輝(きんてる)1924-1945(1882/12/2-1945/11/10)
  • 続柄:公爵/三条実美・3男
    家族:妻1:多栄子(子爵/毛利元敏・女)、妻2:静子(伯爵/正親町実正・女)、1女:博子(徳川義寛・妻)、2女:光子(竹田宮恒徳王・妃)、3女:修子(浅野忠充・妻)
    身分:掌典長、御歌所長、貴族院議員(1924/6/16-1945/11/10)
  • 5. 実春(さねはる)1945-1947(1913/3-1990)
  • 続柄:男
    家族:妻1:鈴子(伯爵/亀井茲常・3女)、妻2:千賀子(池尻基房・女)
    身分:春日大社宮司、平安神宮宮司、貴族院議員(1945/12/15-1947/5/3)
  • さんじょうにし きんあえ
  • 三条西 公允1884-1904(1841-1904)
  • 出身:三条西家(大臣家、藤原北家/閑院流/正親町三条流、502石)
    続柄:権大納言/三条西季知・1男
    家族:妻1:千鶴(広橋光成・女)、妻2:いと/以登(小平周蔵・3女)
  • 身分:左近衛権少将、新潟県知事
  • 伯爵
  • 1884/ 7/ 7
  •  
  • 2. 実義(さねよし)1904-1945(1866-1949)
  • 続柄:子爵/風早公紀・男
    家族:妻:浜子(権大納言/三条西季知・女)、男:子爵/風早公武
    身分:式部官、伊勢神宮大宮司
  • 3. 公正(きんおさ)1946-1947(1959-1984)
  • 続柄:3男
    家族:妻1:信子(久邇宮邦彦王・2王女)、妻2:治子(男爵/四条隆英・女)、2男:侯爵/久邇実栄、女:淑子(男爵/四条隆貞・妻)、女:咊子(子爵/木下利福・妻)
    身分:実践女子大教授、日本香道協会会長
  • さんのみや よしたね
  • 三宮 義胤1896-1905(1844/2/12-1905/8/14)
  • 出身:近江国
    続柄:真宗正源寺住職/三上円海・1男
    家族:妻:アレシーア(八重野)
  • 身分:外務官僚、宮内官僚(式部長)
  • 男爵
  • 1896/ 6/ 5
  • 日清戦争の功
  • 2. 錫馬(すずま)1905-1919(1895-1919)
  • 続柄:桂秀馬・2男
  • 異動
  • 1919/12/28
  • 錫馬の没後、女戸主に
  • 姓名の右は有爵期間、括弧中は生没期間。
  • 貴族院議員の「補」は補欠当選、「辞」は辞職。

参考資料

inserted by FC2 system