華族一覧(ひ)貴人の黄昏― 旧皇族家の人々 ―

  • 並び:初代の当初叙爵日 > 初代の当初爵位 > 名前
  • 背景:黄は皇族、赤は公家、青は武家を示します。

頁内索引

ひが

  • ひがしくぜ ひでお
  • 東久世 秀雄1897-1947(1878-1951)
  • 出身:東久世伯爵家分家
    続柄:伯爵/東久世通禧・3男
    家族:妻:小六(浜口儀兵衛・妹)
  • 身分:貴族院議員(1932/7/10-1939/7/10-1946/5/15・辞)
  • 男爵
  • 1897/12/ 6
  •  
  • ひがしくぜ みちとみ
  • 東久世 通禧1884-1912(1834/1/1-1912/1/4)
  • 出身:東久世家(羽林家、村上源氏/久我流、蔵米30石)
    続柄:東久世通徳・男
    家族:妻:貞子(黒川盛貞・女)、男・男爵/東久世秀雄、男:男爵/竹腰正文、女:三千子(男爵/矢吹省三・妻)
  • 身分:外国事務総督、元老院議官、枢密院副議長、侍従長(3)、勅選貴族院議員(1890/10/-1891/8/1・辞)、貴族院副議長(1)
  • 七卿落ちの一人、岩倉使節団 理事官
  • 伯爵
  • 1884/ 7/ 7
  • 維新の功
  • 2. 通敏(みちとし)1912-1944(1869-1944)
  • 続柄:1男
    家族:妻:玉子(土佐藩士/土方久用・女、伯爵/土方久元・妹)
    身分:帝室林野管理局技師
  • 3. 通忠(みちただ)1944-1947(1899/10-1962/11)
  • 続柄:男
    身分:陸軍中尉、実業家、貴族院議員(補・1946/5/9-1947/5/3)
  • ひがしさんじょう きんよし
  • 東三条 公美1884-1886(1875/5-1914/1)
  • 出身:三条公爵家分家
    続柄:公爵/三条実美・男、後に実家復籍
  • 身分:貴族院議員
  • 東三条男爵となるも後に本家に復籍、後継は兄・公恭(実美養子)の子・実敏
  • 男爵
  • 1884/ 7/ 8
  •  
  • 2. 実敏(さねとし)1886-1933(1883-1935)
  • 続柄:三条公恭(公爵/三条実美・甥、公美・従兄弟)・男
  • 3. 公博(きみひろ)1933-1947(1918-)
  • ひがしぞの もとなる
  • 東園 基愛1884-1920(1851-1920)
  • 出身:東園家(羽林家、藤原北家/中御門流/持明院庶流、180石)
    続柄:参議/東園基敬・1男
    家族:妻1:忠子(園基祥・養女、伊木三猿斎・女)、妻2:栄子(久邇宮朝彦親王・2王女)、男:男爵/伊木忠愛
  • 身分:宮中顧問官
  • 子爵
  • 1884/ 7/ 8
  •  
  • 2. 基光(もとみつ)1920-1934(1875/3/4-1934/2/26)
  • 続柄:1男
    家族:妻:輝子(子爵/松平頼英・女)
    身分:貴族院議員(1925/7/10-1932/7/10-1934/2/26)
  • 3. 基文1934-1947(1911-)
  • 続柄:伯爵/伊達邦宗・男
    家族:妻:佐和子(北白川宮成久王・2王女)
  • ひがしふしみ くにひで/じごう
  • 東伏見 邦英/慈洽1931-1947(1910/5/16-2014/1/1)
  • 出身:久邇宮
    続柄:邦彦王・3王子
    家族:妻:保子(伯爵/亀井茲常・2女)
  • 身分:貴族院議員(1930/5/15-1931/4/4・降下)
  • 伯爵
  • 1931/ 4/ 4
  • 臣籍降下
  • ひがしぼうじょう よしなが
  • 東坊城 徳長1884-1922(1869/6/26-1922/8/8)
  • 出身:東坊城家(半家、菅原氏/高辻庶流/五条庶流、300石)
    続柄:大学頭/東坊城任長・男
    家族:女:英子(映画女優/入江たか子
  • 身分:貴族院議員(1911/7/10-1918/7/10-1922/8/8)
  • 子爵
  • 1884/ 7/ 8
  •  
  • 2. 政長1922-1941(1902-1941)
  • 続柄:1男
    家族:妻:愛(佐藤毅・女)
  • 3. 元長1941-1947(1914-)
  • 続柄:徳長・4男
    家族:妻:博子(烏丸尊弘・養女、細川力蔵・女)

ひぐ

  • ひぐち なるやす
  • 樋口 誠康1884-1946(1865-1946)
  • 出身:樋口家(羽林家、藤原北家/高倉庶流、200石)
    続柄:右馬権頭/樋口静康・男
    家族:妻:千代子(松木宗有・女)、養女:満寿栄(子爵/長谷信昊・妻、磯野員豊・女)
  • 身分:陸軍歩兵太尉、貴族院議員(1904/7/10-1911/7/10-1918/7/10-1925/7/10-1932/7/10)
  • 子爵
  • 1884/ 7/ 8
  •  

ひさ

  • ひさまつ かつなり
  • 久松 勝慈1884-1904(1855/6/4-1904/11/2)
  • 出身:下総多胡藩久松松平家(1.2万石)
    続柄:8代=最後、7代/久松勝行・1男
    家族:妻:昌子(常陸府中藩9代/松平頼縄・1女)
  • 身分:多胡藩知事
  • 子爵
  • 1884/ 7/ 8
  •  
  • 2. 勝親1904-1942(1888-1942)
  • 続柄:1男
  • 3. 勝広1942-1947(1919-)
  • ひさまつ さだこと
  • 久松 定謨1884-1943(1867/10/6-1943/2/19)
  • 出身:伊予松山藩久松松平家(15万石)
    続柄:14代/松平定昭・養子、松平勝実・男
    家族:妻:貞子(公爵/島津忠義・7女)、女:宜子(子爵/小笠原恒・妻)、女:輝子(子爵/松平親義・妻)
  • 身分:陸軍中将
  • 伯爵
  • 1884/ 7/ 7
  •  
  • 2. 定武(さだたけ)1943-1947(1899/4/29-1995/6/7)
  • 続柄:男
    家族:妻:春枝(伯爵/小笠原長幹・女)
    身分:貴族院議員(補・1944/12/13-1947/5/3)、参議院議員、愛媛県知事
  • ひさまつ さだひろ
  • 久松 定弘1884-1913(1857-1913)
  • 出身:伊予今治藩久松松平家(3.5万石)
    続柄:10代=最後/久松定法・養子、大河内正晴・1男
  • 身分:哲学者、貴族院議員(1890/7/10-1897/7/10-1904/7/10)
  • 子爵
  • 1884/ 7/ 8
  •  
  • 2. 喬1913-1931(1883-1937)
  • 3. 定秋1931-1947(1905-1984)
  • 家族:妻:喜美子(子爵/立花種忠・女)

ひじ

  • ひじかた かつゆき
  • 土方 雄志1884-1925(1856/8/31-1931/4/24)
  • 出身:伊勢菰野藩(1.1万石)
    続柄:13代=最後、12代/土方雄永・養子、土方久己(10代/土方雄興の婿養子)・1男
    家族:妻:多子(白河藩4代/阿部正備・女)
  • 身分:菰野藩知事、貴族院議員(1890/7/10-1897/7/10、1918/7/10-1925/7/10)
  • 子爵
  • 1884/ 7/ 8
  •  
  • 2. 雄武1926-1947(1905/8/1-1973/6/29)
  • 続柄:土方久徴・2男
  • ひじかた ひさもと
  • 土方 久元1884-1918(1833/11/23-1918/11/4)
  • 出身:土佐藩
    続柄:藩士/土方久用・1男
    家族:女:春子(伯爵/四条隆謌・妻2)、養女:愛子(子爵/加藤泰秋・女)
  • 身分:政治家、宮内大臣(2)、宮中顧問官、枢密院顧問官、元老院議官
  • 子爵
  • 1884/ 7/17
  • 維新の功
  • 伯爵
  • 1895/10/ 7
  • (日清戦争時の宮内大臣としての功績?)
  • 2. 久敬/与志(ひさよし/よし)1918-1934(1898/4/16-1959/6/4)
  • 続柄:孫
    家族:妻:梅子(子爵/三島弥太郎・女)
    身分:宮内大臣・宮中顧問官・枢密顧問官・國學院大學学長、新劇演出家
    父・久明はピストル自殺している。、一家でソビエトに亡命。
  • 異動
  • 1934/ 9/20
  • 久敬が爵位返上(ソ連に亡命し爵位剥奪)

ひだ

  • ひだか そうのじょう
  • 日高 壮之丞1907-1932(1848/4/26-1932/7/24)
  • 出身:薩摩藩
    続柄:日高籐左衛門・養子、藩士/宮内清之進・2男
  • 身分:海軍大将
  • 男爵
  • 1907/ 9/21
  • 日露戦争の功
  • 2. 壮輔1932-1942(1915-1942)
  • 異動
  • 1942/ 8/18
  • 壮輔の没後、爵位返上

ひと

  • ひとつやなぎ すえのり
  • 一柳 末徳1884-1922(1850/8/26-1922/3/7)
  • 出身:播磨小野藩(1万石)
    続柄:11代=最後、10代/一柳末彦・養子、丹波綾部藩9代/九鬼隆都・5男
    家族:妻:栄子(伊予小松藩8代/一柳頼紹・女)
  • 身分:小野藩知事、貴族院議員(1890/7/10-1897/7/10-1904/7/10-1911/7/10-1918/7/10-1920/1・辞)
  • 子爵
  • 1884/ 7/ 8
  •  
  • 2. 末幸1922-1947(1918-)
  • 続柄:孫
    家族:妻:美也子(徳永善四郎・女)
    身分:陸軍主計中尉
  • ひとつやなぎ つぐむね
  • 一柳 紹念1884-1914(1860-1929)
  • 出身:伊予小松藩(1万石)
    続柄:9代=最後/一柳頼明(兄)・養子、8代/一柳頼紹・4男
  • 子爵
  • 1884/ 7/ 8
  •  
  • 2. 直徳1914-1944(1873-1944)
  • 続柄:侯爵/伊達宗徳・7男
    家族:妻:操(三河挙母藩7代/内藤文成・女)
  • 3. 直俊1944-1947(1918-1989)
  • 続柄:男

ひの

  • ひの すけひで
  • 日野 資秀1884-1906(1863-1903)
  • 出身:日野家(名家、藤原北家/日野嫡流、1153石)
    続柄:権大納言/日野資宗・養子、権大納言/柳原光愛・5男、兄:伯爵/柳原前光
    家族:妻1:斐子(権大納言/日野資宗・女)、妻2:つる(子爵/三島通庸・女)
  • 身分:東宮侍従、貴族院議員(補・1900/11-1903/11/24)
  • 伯爵
  • 1884/ 7/ 7
  •  
  • 2. 資謙(すけのり)1906-1925(1903-1925)
  • 続柄:男
  • 3. 捷郎/実吉 捷郎(はやお/さねよし はやお)1925-1931(1895/1/20-1962/2/15)
  • 続柄:男爵/実吉安純・6男、資秀3女の夫、離婚
    家族:妻:花子(1代・女)
    身分:独文学者
  • 4. 資純(すけずみ)1931-1947(1926-)
  • 続柄:1男
    身分:国語学者
  • ひのにし みつよし
  • 日野西 光善1884-1923(1849-1923)
  • 出身:日野西家(名家、藤原北家/日野流/広橋庶流、200石)
    続柄:右衛門佐/日野西延栄・養子、子爵/萩原員光・男
    家族:妻1:賀子(右兵衛権佐/堀河親賀・女)、妻2:親子(男爵/粟田口定孝・女)
  • 身分:貴族院議員(1890/7/10-1897/7/10)
  • 子爵
  • 1884/ 7/ 8
  •  
  • 2. 資博1923-1942(1870-1942)
  • 続柄:男
    家族:妻:広子(子爵/鳥尾小弥太・女)、女:治子(子爵/北小路三郎・妻)、女:賀寿子(子爵/遠山健彦・妻)
    身分:宮中顧問官
  • 3. 資忠1943-1947(1900-1970)
  • 身分:貴族院議員(補・1946/6/28-1947/5/3)

ひら

  • ひらが ゆずる
  • 平賀 譲1943-1943(1878/3/8-1943/2/17)
  • 出身:安芸広島藩
    続柄:藩士・男
  • 身分:海軍造船中将、工学者(船舶)
  • 男爵
  • 1943/ 2/17
  • 軍艦建造の功
  • 2. 謙一(けんいち)1943-1947(1910-1975)
  • ひらさ りょうぞう
  • 平佐 良蔵1907-(1851-1912/7/5)
  • 出身:長門国
  • 身分:陸軍中将
  • 男爵
  • 1907/ 9/21
  • 日露戦争の功
  • 2. 嘉彦
  • 3. 眷弼
  • 4. 経吉
  • ひらた とうすけ
  • 平田 東助1902-1925(1849/3/26-1925/4/14)
  • 出身:出羽米沢藩
    続柄:藩医の子
    家族:妻:達子(子爵/品川弥二郎・養女、勝津兼亮[山縣伊三郎・実父]・女)
  • 身分:官僚、内務大臣、農商務大臣、内大臣(7)、枢密院顧問官、勅選貴族院議員(1890/9/30-1922/9/27・辞)
  • 岩倉使節団に同行しドイツ留学
  • 男爵
  • 1902/ 2/27
  • 日英同盟締結の功
  • 子爵
  • 1911/ 8/24
  • 多年の功
  • 伯爵
  • 1922/ 9/25
  • 宮中奉仕の功
  • 2. 栄二(えいじ)1925-1947(1882/2-1971/6)
  • ひらぬま きいちろう
  • 平沼 騏一郎1926-1947(1867/10/25-1952/8/22)
  • 出身:美作津山藩
    続柄:藩士/平沼晋・2男
  • 身分:司法官僚、内閣総理大臣(35)、枢密院議長(21)、勅選貴族院議員(1924/1/9-1924/2/7・辞)
  • 極東国際軍事裁判でA級戦犯として終身禁固刑判決、病気仮釈放後に死去。
  • 男爵
  • 1926/10/28
  • 多年の功
  • ひらの ながよし
  • 平野 長祥1884-1934(1870/1/4-1934/5/7)
  • 出身:大和田原本藩(1万石)
    続柄:大和田原本藩主/平野長裕・男
    家族:妻1:鈴子(播磨姫路藩8代/酒井忠績・女)、妻2:増子(子爵/大関増勤・女)
  • 身分:貴族院議員(1897/7/10-1904/7/10-1911/7/10-1918/7/10-1925/7/10、補・1929/12/7-1932/7/10-1934/5/7)
  • 男爵
  • 1884/ 7/ 8
  •  
  • 2. 長克(ながかつ)1934-1947(1895-1976)
  • 続柄:男
  • ひらまつ ときあつ
  • 平松 時厚1884-1911(1845/10/11-1911/8/22)
  • 出身:平松家(名家、桓武平氏/高棟王流/西洞院庶流、200石)
    続柄:少納言/平松時言・3男
    家族:妻1:嘉代子(人見恒民・養女、横山銀次郎・女)、妻2:鶴子(遠江横須賀藩7代/西尾忠受・女)、女:速子(子爵/木下俊哲・妻)、女:女・美津子(公爵/近衛篤麿・養女)、弟:男爵/小松行正
  • 身分:官僚・検察官、元老院議官、貴族院議員(1890/7/10-1897/7/10-1904/7/10-1911/7/10-1911/8/22)、錦鶏間祗候
  • 子爵
  • 1884/ 7/ 8
  •  
  • 2. 時陽1911-1935(1873-1935)
  • 続柄:1男
    家族:妻:高子(公爵/三条実美・女)
    身分:陸軍騎兵大尉
  • 3. 時善1935-1947(1908-1965)
  • 続柄:1男
  • ひらやま せいしん
  • 平山 成信1924-1929(1854/12/25-1929/9/25)
  • 続柄:幕臣/竹村七左衛門・男
    家族:女:温子(侯爵/小村欣一・妻)
  • 身分:官僚(内閣書記官長)、宮中顧問官、枢密院顧問官、日本赤十字社社長(5)
  • 男爵
  • 1924/ 2/11
  • 多年の功
  • 2. 洋三郎(ようざぶろう)1929-1947(1900-1970)
  • 家族:妻:登美子(男爵/太秦供康・女)
    身分:貴族院議員(補・1946/6/29-1947/5/3)

ひろ

  • ひろさわ きんじろう
  • 広沢 金次郎1884-1928(1871/8/28-1928/12/13)
  • 出身:長州藩
    続柄:藩士/広沢真臣・1男
    家族:妻:亀子(子爵/山尾庸三・6女)、3女:直子(池田勇人・妻)
  • 身分:外交官、内閣総理大臣秘書官、実業家(武蔵電気鉄道社長)、貴族院議員(1897/7/10-1904/7/10-1911/7/10-1918/7/10-1925/7/10)
  • 伯爵
  • 1884/ 7/ 7
  • 父(真臣)の維新の功
  • 2. 真吾(しんご)1929-1947(1898/5-1983/5)
  • 続柄:1男
    家族:妻:豊子(侯爵/大隈信常・1女)
  • ひろはし まさみつ
  • 広橋 賢光1884-1910(1855-1910)
  • 出身:広橋家(名家、藤原北家/日野庶流、850石)
    続柄:権大納言/広橋胤保・男
    家族:女:寿子(松平康邦[侯爵/松平康荘・男]・妻1)
  • 身分:内閣記録局長、帝室制度御用掛、貴族院議員(1890/7/10-1897/7/10)
  • 伯爵
  • 1884/ 7/ 7
  •  
  • 2. 真光(ただみつ)1910-1947(1902-1997)
  • 続柄:1男
    家族:妻:規子(梨本宮守正王・2王女)
    身分:近衛文麿首相秘書官、東條英機首相秘書官
  • ひろはた ただなり
  • 広幡 忠礼1884-1897(1824/7/24-1897/2/18)
  • 出身:広幡家(清華家、正親町源氏嫡流、500石)
    続柄:内大臣/広幡基豊・男
    家族:妻:静子(関白/近衛忠熙・養女、東本願寺/達如・女)、女:徳子(男爵/伊達宗敦・妻、陸奥仙台藩13代/伊達慶邦・養女)、女:定子(子爵/青山幸宜・妻1)、女:富子(男爵/北畠通城・妻1)、女:直子(子爵/高倉永則・妻1)
  • 身分:貴族院議員(1890/2-1897/2/18)
  • 侯爵
  • 1884/ 7/ 7
  •  
  • 2. 忠朝(ただとも)1897-1905(1860-1905)
  • 続柄:男
    家族:妻:昭子(岩倉具綱・女)
    身分:陸軍騎兵大尉、貴族院議員(1897/3-1905/1/12)
  • 3. 忠隆(ただたか)1905-1947(1884-1961)
  • 続柄:男
    家族:妻:文子(山本達雄・女)
    身分:逓信省管船局長、皇后宮大夫、侍従次長、貴族院議員(1909/12-1947/5/3)
  • 姓名の右は有爵期間、括弧中は生没期間。
  • 貴族院議員の「補」は補欠当選、「辞」は辞職。

参考資料

inserted by FC2 system